カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

スマーティー(病院でも使われている育成光線(遠赤外線)健康器具を中心に、医師の治療と並行して家庭でできる

旺盛な基礎体力造り”をお手伝いを致します。

ご購入を検討されている方! 兵庫県芦屋で体験していただけます。
商品説明もさせていただきますので、1時間半程度のお時間をいただきます。

要予約。

温熱器具は全身温熱がオススメです。(遠赤外線ドーム型サウナ)


寒い夜も グッスリ眠れる 遠赤外線敷き布団

ガン、免疫力、自然治癒力 ガン、免疫力、自然治癒力 ガン、免疫力、自然治癒力 ガン、免疫力、自然治癒力 乳酸菌生産物質
免疫力アップし自然治癒力を旺盛に

癌と闘わずに 免疫力を上げQOL(生活水準)の維持が大切

癌と闘わずに

がん細胞は熱に弱いと言われます。 

がんを宣告された方を何人も話を聞きましたが、こうすれば 良くなると太鼓判を押せる方法など私には分かりません。

 医師に従って処方されていても、悪化していくと医師から見放され、「施すべきことは全てした、これ以上できることはない」と言われている方も何人も伺いました。

癌と闘わずに

ある程度年齢を重ねられた方が がんを宣告されたとき、大切なのは QOL(生活水準)の維持を大切に考えることだと感じています。

例えば70歳の方であれば 後何年今の生活を維持できれば良いか? 

と言う考え方をする方が現実的に楽しい生活を送れている方が多いことです。

 抗癌剤、放射線 治療の結果 一時期がんは消えても、大変な闘病生活のうえ、外出することもできず、寿命を短くしているのではないか?と疑いを感じることが多いからです。 

がんは熱に弱い、腸内環境を改善することで血液はキレイになり、自然免疫力で 現在のQOL(生活水準)の維持に勤め美味しく食事をして、人生を楽しまれている方の方が幸せに感じます。 

どの方法を選ぶかは、こうすれば治ると言う方法は見つかっていないのですから、自分での判断しかできません。 

ナチュラルウッドは、癌と闘わずに、通院しながら、 自然免疫力を高めQOLの維持に勤める方針の方を 応援しております。

医師の治療と平行して考えられている方も多いです。 温熱器具は、設置されている病院もあり、医師の中には効果を認めている方も居ます。 

 そんな器具 が”スマーティ”です。 癌と闘わずに


食べ物 大切に考えてください。 発酵食品を多く食べることが大切です。

[Dr.レオナード・コールドウェル]90%以上のガンは数週間のうちに完治、手術も放射線治療も化学療法も必要なし。

ガンの最大の弱点は「超小食」

ガンの最大の弱点 :「超小食」

⇒ 「ガンの最大のエサ :ブドウ糖」

風邪の時の様に、“体力をつける” という目的で、食べるのは間違い。
----------------------------------------------------- 『PET』という、癌診断機器はご存知でしょうか?

直径3mm のガンでも発見できるという診断機器です。

このPETのガン発見原理は、体にブドウ糖に似せた物質を注射し、 1時 間後にその擬似ブドウ糖が体のどこに多く集中的に分布しているか、 ということ を調べるというものです。
PET 癌
----------------------------------------------------- がん細胞は、正常な細胞に比べて活動が活発なため、3〜8倍のブドウ糖を取り込む特徴があります。 PET検査は、この特徴を利用してたくさんブドウ糖を取り込んでいる細胞を探している機器なのです。

-----------------------------------------------------

「ガンの最大のエサがブドウ糖だ」ということが分かっているのに、 末期ガンで口から食物が入らなくなってきた患者に、ブドウ糖の点滴をすることは 如何なのでしょうか?

抗がん剤や放射線治療で免疫力や体力を落とされ、ガンの最大のエサのブドウ糖を与えているのです。

-----------------------------------------------------

ガンの方は、昔の精進料理 のような、カロリーが少なく、一日に2 食以内にとどめ、腹6分目に節制すべきです。

-----------------------------------------------------

秋田大学医学部の小泉教授の実験で、 放っておけば100%ガンになる多発性マウスを使った実験でも、
 腹8分目のマウスでは、21ヶ月めに26匹中7匹が悪性リン パ腫に
腹5分目のマウスでは、21ヶ月めに28匹中1匹もガンになることはなかった と言います。

ガンという漢字が「癌」と書 き、「品(食品)が山のように増えてなった病気」という本質を昔の人が見抜いているのは驚きですね。

-----------------------------------------------------

ガンの最大の弱点は「超小食」です。

ですから、ガンの最大のエサであるブドウ糖の摂取を極力抑える事が重要です。

-----------------------------------------------------

〆重(特に精製されたもの)や代用甘味料は猛烈に体を冷やします。

癌細胞は 、酸素を必要としない 「嫌気性代謝」という方法でエネルギーを獲得するので、  酸素の少ない場所、温度の低い環境で活発に増殖しま す。

ですので 体を温める ことも重要です。

ガン細胞は「特に35℃台の低体温で最も活発化する」 ということが明らかになっています。

低体温の方 は要注意★です。

-----------------------------------------------------

抗癌剤を超えた丹羽療法 土佐清水病院 丹羽院長

抗癌剤を超えた丹羽療法 土佐清水病院 丹羽院長

長いビデオですが 参考になると思います。

時間を造って 聞いてください。

医療用大麻はガンに効く 山崎淑子さんの記事から

本文から抜粋
「医療用大麻の効果は、私の過去の記事に取り上げています。

大麻がなぜガンなどの難病に効果があるのか。

それはひとえに医者(医療機関と製薬業界)にとって安すぎるからです。要するに儲からないからです。

 もし、大麻が地球上のほとんどの地域で栽培できなかったら、これほど白い目で見られることはなかったでしょう。

それほど大麻(マリファナ)は人類のために安くて、しかも何にでも使われていたのです。  

それが、ある時、突然第一級の麻薬に指定され、医学用に処方することも、まして栽培する事も禁止されたのです。食糧にも、神事にも使われてきた大麻は、日本ではなくてはならないものだったのです。」

 本文:http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1641366.html

医療マフィアの存在が大きいようですが、すこしづつ 真実が見えてきているようです。

大麻で難病を治す「医療大麻」最前線

情報として お知らせします。

大麻で難病を治す「医療大麻」最前線