カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

スマーティー(病院でも使われている育成光線(遠赤外線)健康器具を中心に、医師の治療と並行して家庭でできる

旺盛な基礎体力造り”をお手伝いを致します。

ご購入を検討されている方! 兵庫県芦屋で体験していただけます。
商品説明もさせていただきますので、1時間半程度のお時間をいただきます。

要予約。

温熱器具は全身温熱がオススメです。(遠赤外線ドーム型サウナ)


寒い夜も グッスリ眠れる 遠赤外線敷き布団

ガン、免疫力、自然治癒力 ガン、免疫力、自然治癒力 ガン、免疫力、自然治癒力 ガン、免疫力、自然治癒力 乳酸菌生産物質
免疫力アップし自然治癒力を旺盛に

ガンの最大の弱点は「超小食」

ガンの最大の弱点 :「超小食」

⇒ 「ガンの最大のエサ :ブドウ糖」

風邪の時の様に、“体力をつける” という目的で、食べるのは間違い。
----------------------------------------------------- 『PET』という、癌診断機器はご存知でしょうか?

直径3mm のガンでも発見できるという診断機器です。

このPETのガン発見原理は、体にブドウ糖に似せた物質を注射し、 1時 間後にその擬似ブドウ糖が体のどこに多く集中的に分布しているか、 ということ を調べるというものです。
PET 癌
----------------------------------------------------- がん細胞は、正常な細胞に比べて活動が活発なため、3〜8倍のブドウ糖を取り込む特徴があります。 PET検査は、この特徴を利用してたくさんブドウ糖を取り込んでいる細胞を探している機器なのです。

-----------------------------------------------------

「ガンの最大のエサがブドウ糖だ」ということが分かっているのに、 末期ガンで口から食物が入らなくなってきた患者に、ブドウ糖の点滴をすることは 如何なのでしょうか?

抗がん剤や放射線治療で免疫力や体力を落とされ、ガンの最大のエサのブドウ糖を与えているのです。

-----------------------------------------------------

ガンの方は、昔の精進料理 のような、カロリーが少なく、一日に2 食以内にとどめ、腹6分目に節制すべきです。

-----------------------------------------------------

秋田大学医学部の小泉教授の実験で、 放っておけば100%ガンになる多発性マウスを使った実験でも、
 腹8分目のマウスでは、21ヶ月めに26匹中7匹が悪性リン パ腫に
腹5分目のマウスでは、21ヶ月めに28匹中1匹もガンになることはなかった と言います。

ガンという漢字が「癌」と書 き、「品(食品)が山のように増えてなった病気」という本質を昔の人が見抜いているのは驚きですね。

-----------------------------------------------------

ガンの最大の弱点は「超小食」です。

ですから、ガンの最大のエサであるブドウ糖の摂取を極力抑える事が重要です。

-----------------------------------------------------

〆重(特に精製されたもの)や代用甘味料は猛烈に体を冷やします。

癌細胞は 、酸素を必要としない 「嫌気性代謝」という方法でエネルギーを獲得するので、  酸素の少ない場所、温度の低い環境で活発に増殖しま す。

ですので 体を温める ことも重要です。

ガン細胞は「特に35℃台の低体温で最も活発化する」 ということが明らかになっています。

低体温の方 は要注意★です。

-----------------------------------------------------

ページトップへ