カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

スマーティー(病院でも使われている育成光線(遠赤外線)健康器具を中心に、医師の治療と並行して家庭でできる

旺盛な基礎体力造り”をお手伝いを致します。

ご購入を検討されている方! 兵庫県芦屋で体験していただけます。
商品説明もさせていただきますので、1時間半程度のお時間をいただきます。

要予約。

温熱器具は全身温熱がオススメです。(遠赤外線ドーム型サウナ)


寒い夜も グッスリ眠れる 遠赤外線敷き布団

ガン、免疫力、自然治癒力 ガン、免疫力、自然治癒力 ガン、免疫力、自然治癒力 ガン、免疫力、自然治癒力 乳酸菌生産物質
免疫力アップし自然治癒力を旺盛に

シモンチーニ

癌を90%以上も治療する方法を発見してしまった為に、医薬品会社や癌学会から迫害を受け、罪を擦り付けられ、医師免許を剥奪されてしまったそうです。しかし、その後も、世界中から大勢の癌患者が彼のもとを訪れ、今では、対応しきれないほどの患者が彼のもとへ訪ねているそうです。
彼の世界的に有名になったビデオです。


誰でも、このビデオを見れば、驚くと思います。末期の膵臓がんなどは、少々、成功率が落ちてしまい、75%ほどの治療成功率だそうですが、それだとしても、今の治療とは、比べ物になりません。癌マーケットと言うビッグマネーが彼一人により、潰される可能性があるわけですから、迫害されるわけです。このような迫害の中、彼の治療を世界中の人が受けられる為に、多くの勇気ある人々が動き、日本に、彼の癌センターが開院するそうです

シモンチーニ ガン センターのHP
シモンチーニ


多くの癌に苦しむ方々に回覧してくださりますように心から願っております。シモンチーニ博士は、現在、世界中の腫瘍学者の中で、最も、癌を知っている人だといわれています。
癌を知りつくしているシモンチーニ博士は、世界中のどの医師よりも癌の治療成功率を持っています。

ただ、抗癌剤治療した人や放射線治療をした人などは、治療が難しいそうです。
なぜなら、もう、既に、身体がボロボロだからだそうです。
それでも、どうしても治療をして欲しいと言う人が後をたたず、優しいシモンチーニ博士は、時々、治療を行うそうです。

この文章の一番最後に、デビッド・アイクの言葉として

『勇敢で献身的なトゥリオ・シモンチーニのような人々に感謝しよう。私たちは、彼のような人をもっと必要としている。早急に。』

という言葉かあります。


シモンチーニ博士が受けた迫害。

彼は、情緒的なマスコミによる猛烈な嘲笑と非難のキャンペーンにさらされた。そのうえ、彼が治療にあたっていた患者を「不法死亡」させたとして三年間投獄された。あらゆる方向から、「シモンチーニを捕まえろ。」という声が聞こえてきた。

医療の体制派は、彼の重炭酸ナトリウムについての主張は「狂っている」とか「危険だ」と言い、ある「一流の医師」でさえ、馬鹿にした様子で重炭酸ナトリウムは「麻薬」であるとした。

常に何百万もの人々が、効果的な処置を受けられたはずのガンで死んでいるが、体制派はまったく意に介さない。



ありがたいことに、トゥリオ・シモンチーニは腰抜けではなかったため、自身の仕事をインターネットと講演によって広め続けている。私は、シェン・クリニックのマイク・ランバートを通して彼のことを聞いた。私がアメリカにいる時に、彼はそこで演説した。

シモンチーニは、重炭酸ナトリウムを使って、いくつかの本物の後期過程のガンでさえ激減させ、すべて除去することに大成功をしていることを私は知っている。いくつかの症例では、この治療法は何カ月も掛かることがあるが、簡単に腫瘍に到達できる乳がんのような他の症例では、数日あればもう十分ということはありうる。


私はこの四月のニューズレターの、二人の英国人科学者で研究者、ガン治療薬発見グループ(the Cancer Drug Discovery Group)のゲリー・ポッター教授とダン・バーク教授による研究結果に関する記事の中で、ガンが真菌であるという事実について書いた。彼らの合同の研究結果は、次のことを明らかにする。

ガン細胞は、普通の細胞にはない独特の「バイオマーカー」、CYP1B1(発音はシップ・ワン・ビー・ワン)と呼ばれる酵素を持っている。酵素とは、化学反応(の率の上昇)を「触媒する」タンパク質のことである。

CYP1B1は、多くの果物と野菜の中に自然に見つかるサルベストロール(Salvestrol)と呼ばれる物の化学構造を変化させる。この化学変化が、サルベストロールをガン細胞を殺す因子に変えるが、健康な細胞へは危害を加えない。



共時性(シンクロニシティ)は完璧だ。CYP1B1酵素は、ガン細胞内にのみ現われ、果物と野菜の中のサルベストロールに反応してガン細胞だけを殺す化学物質を作る。

しかし、ガンが真菌であるということに関しては、ここに核心がある。サルベストロールは、真菌の攻撃に対する果物と野菜の中の自然な防衛システムである。そういうわけでサルベストロールは、カビ(真菌)害にさらされる生物種の中にしか見つからないのである。それは、イチゴ、ブルーベリー、キイチゴ、葡萄、クロフサスグリ、アカフサスグリ、クロイチゴ、クランベリー、リンゴ、梨、青物野菜(特にブロッコリーとキャベツ類)、アーティチョーク、唐辛子と黄ピーマン、アボガド、ミズガラシ、アスパラガスやナスなどである。

さらに言えば、巨大製薬/バイオテクノロジー企業カルテルは、この全てを知っていて、ガン、すなわち真菌の攻撃に対する自然免疫能を弱体化させるために、二つの重大なことを行った。

近代農業で使われている化学殺菌スプレーは、人為的に真菌を殺している。そしてこのことは、植物や農作物がその防衛力、サルベストロールを発動する必要がないことを意味する。今日では、有機栽培食品の中にしか、それは見られない。
もっとも広く使われている殺菌剤は、CYP1B1に対する非常に強力な遮断剤になっている。だから、もし化学的に生産された食物を十分に食べれば、どれだけサルベストロールを消費したかは重要ではない。サルベストロールは、本来のガンを破壊する因子として発動しなくなる。

しかし、シモンチーニは屈することなく、分かっていることはガンに対する有効な処置法である、という運動を続けている。一方で「現実」世界では、ガンによる死亡者の数がひっきりなしに増加を続けているが、それは効果のない処置法が、真実ではない仮説に基づいているからである。

以上 インターネットからの抜粋です。「シモンチーニ」で検索して頂ければ、他にも記事を見つけることができると思います。2010年4月に 東京にクリニックが開院予定です。日本でも圧力が予想されますが、無事オープンできる事を願っております。   健康を維持する為の決定打が無い限り、健康を害した者に選択肢と選択権を与えて欲しいです。

トップページ へ

ページトップへ