カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

スマーティー(病院でも使われている育成光線(遠赤外線)健康器具を中心に、医師の治療と並行して家庭でできる

旺盛な基礎体力造り”をお手伝いを致します。

ご購入を検討されている方! 兵庫県芦屋で体験していただけます。
商品説明もさせていただきますので、1時間半程度のお時間をいただきます。

要予約。

温熱器具は全身温熱がオススメです。(遠赤外線ドーム型サウナ)


ガン、免疫力、自然治癒力   ガン、免疫力、自然治癒力
免疫力アップし自然治癒力を旺盛に

原子力発電所 と 近隣の海の環境

TBS報道特集「原発の長期間停止・海の生態系に劇的変化」で水口憲哉氏が解説TBS報道特集「原発の長期間停止・海の生態系に劇的変化」で水口憲哉氏が解説2014年4月12日に放送された、TBSテレビ報道特集「原発の長期間停止・海の生態系に劇的変化」の一部を紹介します。番組中で、『淡水魚の放射能』著者の水口憲哉・東京海洋大学名誉教授が、原発の温廃水について解説しています。原発や再処理工場は、事故を起こさない通常運転でも、自然界へ大きな影響をおよぼします。もっとも被害をこうむるのは狆さな生きもの瓩燭舛世反絽氏は説きます。原発やダム建設などにおいて、人間社会が経済を優先して動こうとするとき、その影で犠牲にされるのは、いつも狆さな生きもの瓩燭舛任后水口氏は見失われがちな狆さな生きもの瓩燭舛梁減澆法⊂錣亡鵑蠹困ぁ¬椶鮓ける研究をつづけてきました。そんな研究のひとつのまとまりが『淡水魚の放射能』や『桜鱒の棲む川』です。以下、番組より。政府が昨日(2014年4月11日)閣議決定したエネルギー基本計画では、原発の再稼動の方針が明記されています。その中でも、最も早く再稼動されるのではないかと言われているのが、鹿児島県の川内(せんだい)原発です。こうした中で私たちは、各地の原発周辺の海に潜ってみました。川内原発の稼働後、水揚げが激減したと漁師は訴えている。…原発が漁業に与える影響について40年間研究している、東京海洋大学の水口憲哉名誉教授は、原発が海の生きものに大きな影響を与える、と話す。「海藻はそこに定着して一生を繰り返しているわけです。原発の周辺では常にへんな水が洗っている。ですから、海藻は常に色々な影響を受けています。海藻は魚よりも影響がはっきり見えやすいんです。」水口憲哉名誉教授は、温排水について、海を温めることよりも、大量の水をとりこんで排出することが、より問題だと考えている。海に豊かさをもたらす小さな生きものたちが吸い込まれ、失われてしまうというのだ。「猩行瓩箸い辰董⇔箋竸紊箸靴銅茲蟾まれる海水の中に、色々な浮遊生活を送る幼生、貝や海藻、魚の稚魚も含めて、小さな子どもが一緒に吸い込まれる影響が一番大きいですね。」温排水は複合的な汚染物質を含む、「廃水」と呼ぶべきものだと指摘する。「原発の冷却系のパイプに、フジツボとかカキが付かないようにする塩素系の薬物を入れたり、冷却系のパイプの金属が溶けた金属イオン、金気(かなけ)も入っている。漁師の人は、悪い水が出てくる、牋水瓠覆△すい)という言い方をします。」原発は事故を起こさない通常運転でも、多大な環境破壊を引き起こす。今回のTBS報道特集の内容は、福島第一原発事故以前なら、ぜったいに放映されなかったでしょう。政府自民党・公明党は、原発が抱えている根本的な問題点をひた隠し、全国各地の原発を再稼動する方針を掲げています。番組の最後はこんな風に締められています。「再稼動に賛成・反対という前に、原発が周囲の環境にどのような影響を与えるのか、もっとくわしく知る必要があると思います」「エネルギー基本計画を読むと、政府がそもそも耳を傾けていない姿勢じゃないか。すると福島第一原発の悲劇は一体なんだったのか。とても憤りを感じざるを得ません」原発の温廃水のおそろしさについては、水口氏の著書『これからどうなる海と大地 海の放射能に立ち向かう』にくわしく記されています。...... ノーニュークス たんぽぽ舎さんの投稿 2017年7月15日

ページトップへ