カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

スマーティー(病院でも使われている育成光線(遠赤外線)健康器具を中心に、医師の治療と並行して家庭でできる

旺盛な基礎体力造り”をお手伝いを致します。

ご購入を検討されている方! 兵庫県芦屋で体験していただけます。
商品説明もさせていただきますので、1時間半程度のお時間をいただきます。

要予約。

温熱器具は全身温熱がオススメです。(遠赤外線ドーム型サウナ)


寒い夜も グッスリ眠れる 遠赤外線敷き布団

ガン、免疫力、自然治癒力 ガン、免疫力、自然治癒力 ガン、免疫力、自然治癒力 ガン、免疫力、自然治癒力 乳酸菌生産物質
免疫力アップし自然治癒力を旺盛に

腸内細菌って何?

〜腸内細菌の役割〜
腸内細菌

腸内細菌は食べた物をエネルギー源にして分裂・増殖を繰り返し
各種物質を生産したり、消費したりしています。
これは腸内細菌が人間の生命活動に直接かかわっていると
いうことを意味します。

■腸内細菌の特徴
・ 腸内細菌は赤ちゃんが生まれる時、産道にいる細菌を
 飲み込み24時間以内に1000億個以上になります。

・腸内細菌は第二の脳、あるいは第三の臓器と称され健康の
 舵取りと言われるほど重要なのものです。

・消化官は消化吸収の場であり「人体最大の免疫装置」であり
 100兆個といわれる腸内細菌が外来菌の侵入・増殖を阻止し
 更に前途の免疫系を刺激し、賦活しているのです。

・免疫力向上、腸内の環境を安定させ、更に薬と併用すると
 効果を高め副作用を低減させる役割があります。

腸内細菌がないと、漢方薬も単なる排泄物となってしまいます。


腸内細菌ってなぜ必要なの?
腸内細菌は赤ちゃんが生れてくるときに母親の産道にいる細菌を細菌を飲み込み
24時間以内に1000億個以上に増殖します。そうすると生れてきた赤ちゃんは初めて緑色の便をします。
これが人間の身体に腸内細菌が定着したことを示すものです。
逆に人間の命が消えるときに、真っ黒の便をしますがお腹の中の腸内細菌がみんな排泄されてしまうときです。このように腸内細菌は人間の生命と共存関係にあるのです。
腸内細菌が弱くなる原因は?
やはり加齢、疲労、ストレス、病気、薬剤の投与などが大きな原因としてあげられます。
また、現代は忙しい時間をおくる人が多くなった分食に関することも大変便利になりました。
スーパーではお惣菜が豊富にそろい、コンビニエンスストアでもお弁当やおにぎりが手軽に買い求められます。例えばそれらにも食品添加物、酸化防止剤、防腐剤、といったものが含まれております。体にとっていいものとはいえません。腸内細菌は人間が口から摂取したものを栄養としておりますので 手軽なものだけではなくお腹にとってもいいものを食べるようにしたいですね。
便は身体からの大きな便り?

皆さんは便の正体をご存知でしょうか?ただ漠然と、食べ物の残骸と思われがちですが、少し違うのです。実は、人間の糞便の約3分の1から半分は腸内細菌の死骸なのです。
腸が元気で、善玉菌が多い人は柔らかくて黄色くてバナナ状、匂いのあまりない水に浮く便逆にストレスや食生活の乱れ、病気、運動不足などによって悪玉菌が優勢な方は便秘気味で固く、ぽろぽろとした色黒の便、または下痢などの症状になるようです。

便秘と腸内細菌

便秘の症状で悩む人は少なからずいらっしゃると思いますが、質のよい腸内細菌には腸内PH値を調整し、 蠕動運動を活性化のお手伝いをする働きがあります。
よく、便秘には食物繊維質が多く含まれる食品をたべると良いといわれます。 なぜでしょうか?
それらの食材は、胃や十二指腸で消化吸収されずに小腸まで栄養が届けられ、
腸内細菌の栄養源となることによって有用菌が増殖して、蠕動運動が活性化するということです。 また、ヨーグルトなどを食べると免疫力があがり、お通じにも効果があるといわれます。空気中にいるいる菌(好気性菌)によって発酵するヨーグルトなどは、人間の体内に入り消化され酸素の全くない小腸に届けられたとき、私達の腸内細菌は嫌気性菌という菌であるため菌の性格が違うために排泄作用を起こします。そのときに善玉菌も闘うために増殖するのですね。
〜腸内細菌の働きとは〜

腸内細菌が人間の体に持て成す様々な働きは大きく分けて14にも上ります。
その中の主な働きを下記に述べましたのでご覧下さい。

消化・吸収機能を高める

たんぱく質や糖質を分解したり、人間には消化できない繊維質を分解し消化を助けています。

たんぱく質の利用率を高める

体を構成する栄養素として最も重要なたんぱく質の体内における代謝を高めています。

腸のぜん動運動を活性化する

代謝系を活性化する

抗ガン作用をする
免疫力を活性化する(正常化する)
感染防御する
胃酸や胆汁などで死滅しなかった外来菌も腸粘膜を腸内細菌が覆っているために定着できない。
そのために外来菌が定着できず感染防御になります。 体が弱っていると食中毒になりやすいという
事もこの腸内細菌のバランスが崩れていると起こりやすい症状の一つです。
臓器の酵素活性をする
優秀な働きを持つ腸内細菌は臓器の酵素バランスを助ける。
脳の神経伝達物質を活性化する
ビタミンを合成する
腸内細菌が作り出すビタミンはビタミン群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12)
ビタミンH(ビオチン)、葉酸、ニコチン酸などがあり、これは食物などから体内に摂取したものを
ビタミンヘと生成、合成してくれます。
ホルモンを産生する
脂質の代謝を活性化する
コレステロールや中性脂肪の代謝や糖の代謝に影響を与え、血清中の脂肪やコレステロール
あるいは血糖値を適正な値に改善してくれます。つまり代謝活性が高まれば
それだけエネルギー消費量が増え余分な脂質燃焼の手助けをしてくれるのです。
ヒト由来の乳酸菌を増殖し、有害菌の増殖を抑制する
〜善玉菌と悪玉菌?〜
様々な腸内細菌のなかでも体に良い働きをする菌を世間では一般的に善玉菌と呼んでいます。
アシドフィルス菌、腸内ビフィズス菌、腸球菌、ユウバクテリウムなどが代表です。
これらの菌は腸内の状態を酸性に保つ役目を果してくれ、有害な物質を発生する悪玉菌と
呼ばれる菌種の働きを抑え、健康に必要な状態を作り出しているのです。

一方 、大腸菌、クロストリジウム、ブドウ球菌などは悪玉菌と呼ばれており、腸内を腐敗させたり
体に悪影響を及ぼす有毒なガスなどを腸内で作り出します。
これが体調不良や病気発症の原因になりやすいのです。

しかし、腸内に存在している細菌の数は決まっており、善玉菌と悪玉菌でその定数を奪い合っています。
例えば腸内細菌の絶対数を100とすれば、20:80、50:50、30:70というように決まった数の中で互いに増減を繰り返しているのです。
体調の変化もいわば、善玉菌と悪玉菌とのバランスによる影響ともいえるでしょう。

「健康維持は腸内から」という言葉は決して過言ではなく、いかにして腸内の善玉菌の比率を
増やすかが健康維持の決め手といえます。
〜乳酸菌と腸内乳酸菌〜
腸内細菌
乳酸菌とは、腸内細菌とは異なり、糖を分解して乳酸を作り出してくれる菌のことを指します。
食品で例えるならヨーグルトやチーズ、日本古来からある味噌や醤油にも乳酸菌は豊富に含まれております。
しかしながら、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれるラクトバチルス・ブルガリア菌やストロスコッカス・サーフィラス菌の乳酸菌は基本的に牛や豚の乳酸菌である為人間の腸内には定着しにくく、食物などを通じて人間の消化管に入っても、胃酸などの消化液によって死滅するか、生き延びても1週間程度で体内から排泄されてしまいます。このために乳製品食品に含まれる乳酸菌の恩恵を得るには定期的に摂取することが大事なのです。
一方、腸内乳酸菌とは人間の腸内に存在する人由来の腸内細菌の仲間です。
この腸内乳酸菌は人間の体内(消化器官)に元から存在し、健康な人間の腸の中に多く定着しています。
エンテロコッカス、ストレプトコッカス、ビフィドバクテリウム、ラクトバチルスの4属が
それにあたり、これらを総称した呼ぶ名が一般的には善玉菌なのです。
腸内細菌を主とした健康食品の多くは、この腸内乳酸菌を多く含有し
乳酸菌のように排出されず、人の体内に定着させるメカニズムに則っているのです。



サプリ
「動物の腸の中にすむ最近が太りやすさに関係していることを米ワシントン大のチームがつきとめた」で始まる2006年12月21日の読売新聞朝刊には科学雑誌「ネイチャー」に掲載された内容が書かれていました。米ワシントン大学の研究チームがマウスだけでなく人の両方で、太った状態と痩せた状態の腸内細菌の状態を調べたところ、人、マウスに関係なく、太った状態、または痩せた状態でそれぞれ異なる特定の腸内細菌が多いことがわかりました。 そのことからがあると考えられている。と結論付けています。(2006年12月21日付読売新聞朝刊より一部抜粋
サプリ
サプリ
腸内細菌が人間が
食べた物の一部を消費
腸内細菌の少ない養鶏は太め 腸内細菌でエネルギー消費量UP
サプリ サプリ サプリ

資料